アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
豊かな生活
ブログ紹介
日常で感じた事を綴っています。by プリマベーラ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
寿司ネタが減る、鰻が減るって大騒ぎ・・・
何時から寿司や鰻がポピュラーな物になったのでしょうか。以前は、何かが無ければ寿司など食べられなかったし、鰻も年に数えるほど。それが回転寿司の週末は子供連れで大賑わい、スーパーには寿司詰めのパックが溢れていて、普通の食べ物になってしまった。こんなに寿司が出回っていて、売れ残ったネタはどうするのかな・・コンビニの弁当と一緒で廃棄かな?回転寿司では一定時間過ぎたのは引き下げているけれどあれはどうしているのかな?沢山輸入して沢山作って沢山食べ残して沢山廃棄して、それで、マグロが採れなくなって来た海外で競... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/24 11:05
China freeと狂牛病
最近の中国のあらゆる面での安全管理への杜撰さは酷い物があるのですが、我が家では既に久しく中国産の食品は買うのを止め、外食でも可也信頼の置けそうな店以外では鰻は食べないようにする、等しています。鰻の弁当、なども怖くて買えませんね。 で、最近米国ではあるスーパーが”China free”(中国産は一切入っていません)との表示を行い、全て米国産であると差別化による訴求効果を狙っているとのことです。 で、3題話めい思い至るのが、狂牛病騒ぎ。 China freeは良いけれど、じゃ〜一体狂牛病はどう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/19 00:21
参院選 結局替えるのか替えないのかの選択
メデイアでは各党の論点の比較検証や党首へのインタヴューが相次いでいて、主権者が考え比較できるように仕事をしている気持ちでいるようだ。だが、今度の選挙はそのような比較検討で国政を任すにたる政党選びが出来るのだろうか? 半世紀以上に亘って綿々と積み重ねられた行政の劣化と陳腐化、職員の質の救い様の無い悪化(そもそも質が低いとなれば、向上と言う事がなかった歴史)は、それを培ってきた育て上げてきた多数派政党(コバンザメ宗教系政党も含め)がどのように政策を語ろうと、組織とそれを形成する公務員(及び天下りと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/18 11:32
台風一過海岸にはクラゲが
台風一過早朝に海岸に出かけました。かなりの人たちが待ちきれずに、という感じで心なし楽しげに海岸を歩いていました。海岸には沢山のクラゲが打ち上げられていました。クラゲは英語ではjellyfish。いかにも即物的でそのまんま。ドイツ語・イタリア語・フランス語何れも動物学名と同じMedusa/Meduseで女性名詞。Medusaはギリシャ神話のこわ〜い女神で見るものを石に変えてしまう。 一方、我が日本語となると、水母、海月。いかにも風情があるではないですか。海に浮かぶ月。 水母はどう読み取れば良い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/16 18:37
幕張の先の稲毛の浜公園
さらに千葉方面に進んで、稲毛の浜には花の美術館や広大な公園があり、休日の早朝の静かな佇まいでした。シロツメクサが一面に咲き揃った広場では、愛犬家たちが愛犬談義をやっていました。シロツメクサの匂いが漂ってくると、子供時代寝っ転がって遊びまわった事が蘇ります。光や匂いや音やで経験・体験がスッと戻ってくるのですね。矢張り、我らはマゴウコトナキ動物だ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/19 23:26
日曜日の朝 幕張の海
休日の朝早く幕張の海に行ってみると、既に、ウインドサーフィンで風に乗る人、糸を垂れる釣り人、海辺で砂を掘る貝拾い、ジョッガー等など結構な数の人々が動いていました。 空は綺麗に晴れ期待の富士山も海の向こうに見えたのですが、写真写りはハッキリしませんでした。海岸線から突き出た突堤の先端から撮って見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 23:18
これは結構いけるジョーク
地獄に落ちた(旧ソ連の書記長)ブレジネフは、罰を一つ選べと言われる。 レーニンは針の山、スターリンは煮えたぎる熱湯の中。 ところが何とフルシチョフはマリリン・モンローと抱き合っているではないか!勿論フルシチョフと同じ罰を所望するブレジネフに、地獄の番人は、 「あれは、マリリン・モンローの受けている罰だ」と。噴出しました。 この一発逆転のレトリック!素晴らしい。 ところで、ブレジネフはソ連時代の強権圧制で名をはせた人物。チェチェン問題などに接するにつけ、いまや、プーチンはこの先輩を目指し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 23:40
長期政権では役人も向上しない
この国の役人の水準の低さは嘆かわしい(と、どの国も言っているのかもしれないが、取り分け)のだが、その依ってくるところは、所詮同一政党による長期政権の中での馴れ合いと緊張感の欠如か。勿論、短期での政権党の変更はあったにせよ、それは役人にとっては首をかがめていれば一瞬の内に通り過ぎていく程度の物であった。 厚労省はグリーンピア問題を引き起こしたかと思えば、年金問題に留まらず介護問題でも監督指導能力の欠如を示したわけだし、経産省は談合問題やらNOVA問題やらで組織そのものの存在意義を示せていないばか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 23:25
タイミングを計っての官営放送NHKの世論調査
先週末に行われたNHKの世論調査の結果が今日報じられていました。主要一般紙(日経も入っていたかな?)は揃って一週間以上前から実施していたわけだが、NHKは別のタイミングを計っていた。一週間前では、農水相・年金スキャンダルで安倍支持の急落は目に見えていたことから、サミットという多少とも安倍支援的要素の加わるタイミングを待っての世論調査となった。官邸と一体となっての行事と言う事なのだろう。 然るに、結果は、安倍支持が13ポイント急落し、不支持が13ポイント急上昇し、待った甲斐の無いもので終わってし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/11 21:34
コムスン問題で年金問題から注意をそらす戦略?
もし、年金業務サボタージュ問題が発覚しなかったら、コムスン問題は厚労省から発表されたであろうか?このお陰で、メデイアはコムスンへの比重が増し社保庁業務怠慢・不履行問題は一寸薄れている感じ。だから、年金問題なくば、少なくともグッドウイルグループ内への業務の移し変えは、既に厚労省が了承していた如く、そのまま実施され完了していたのかもしれない。それにしても、世間の常識で騒がなければ、厚労省の役人達はグループ内での処理を受けていたわけで、その知的水準の低さは目を覆うばかりではないか。6万人を超えるコムス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/06/09 12:15
海辺の入道雲
先日海辺の散歩に出かけた際、空には真っ白な形の良い雲が沢山ありました。入道雲が何となく南国の夏を思わせ、撮って見ました。 子供の頃の夏休みの宿題で、毎日の雲の形を記録したことを思い出します。その頃の記憶は、空は真っ青で、周りには打ち水がしてあって、雲は真っ白で、さ〜これから暑くなるぞ〜と言う気配が一杯、と言うものです。最近、真っ青な吸い込まれるような空、を見たような気がしないのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/08 23:25
コムスン折口か堀江か?
グループ名にGoodwillと付けた所が余りにもブラックだが、彼の事業精神はどのようなGoodwillなのだろうか? バブルの申し子ジュリアナで成功し、次は高齢社会での金儲けと目鼻を利かせた訳だけれど、企業家としての哲学・品格・社会への責任は置き忘れての上の空、浮ついた金儲けの為なら公金(皆の税金)を掠め取っても良し、と言う精神。そして、事が露見した今はグループ内の別会社に事業を移す事で延命を図る!厚労省も内諾している、と言うからなめられ切ったものだ! 金儲けの為なら何をしようが良いではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/07 18:39
確かに我らは品質低下?
1963に書かれた、岡潔(世界的大数学者)の随筆「春宵十話」の始めの方に、次の様なくだりが有ります。「どうも今の教育は思いやりの心を育てるのを抜いている・・・。最近の青少年の犯罪の特徴がいかにも無慈悲・・・」「いま、人の心のかなしみがわかる青年がどれだけあるだろうか」「いまの教育に対する不安を述べると、20歳前後の若い人に、衝動を抑止する働きが欠けている」として、今の世代にはもう直し様も無いし期待も出来ないから、その次(その頃の子供達)に期待しよう・・・と。で、その直し様も無かったどうにもならな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/04 21:46
無くなってしまったもの、無くなりかけているもの
先日イタリア語の授業で、既になくなってしまったもの・職業について、と言うものがありました。これを5つ挙げる、と言うのが宿題でしたが、中々難しい物でした。「小さな路地で子供達のために男が一人で演じる。彼はいろいろな役を兼ね、音楽係・俳優・売り子となる。彼は、自身の小劇場と共に自転車で移動する」と言うようにクイズ的に作ってみるわけです。この他、思いついたものは、氷売り(これはイタリア人も理解した)、バスの車掌、電話の交換手、駅の改札係。ここまでが精一杯でした。屋台のそば屋・焼き芋屋・金魚売り・・・何... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/31 22:52
やっと訪れた初夏の朝に
スカッとこれが五月晴れだ!と思わせる日が中々無かった今年、やっと訪れた爽やかな朝に、緑がぐんと増えた庭に思わずカメラを構えました。今年の芝生は例年以上にクローバーにやられて厳しい戦いでした。これからの芝の圧倒的な勝利を期待しているのですが。早めに撒いた防虫剤のお陰で柿の葉は虫にやられる事もなく綺麗に緑の葉を誇っています。墨田の花火(紫陽花)は沢山蕾をつけ、ウツギ(卯の花)も白い花を見せ始めました。その下でベルフラワーが紫の花で庭を明るくしています。この辺りは、写真には出ていないのですが・・・ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/30 23:27
環境問題もアメリカの顔色窺いつつ?
地球温暖化ガスを2050年までに世界で半減させよう、と安倍氏は米中印へ提案するらしい。京都議定書に代わる枠組み作りらしい。日経は一面で嬉々として報じた。 欧州は既に京都議定書を上回るペースで排出量を減らしており、日本の出遅れと腰の入らなさとは全く対照的な取り組み。この日本の消極姿勢は、京都議定書への参加自体を見送りその後進性をはっきりと示していた米国への追随であったわけだが、ここに来て米国が一気に環境問題に取り組み始めるや、それ遅れじとアドバルーンを上げ始めたわけです。 皆が良い事は早くやり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/30 16:07
百合の木
週末、車で30分程の森林公園に行ってきました。真夏日の中、自転車を借り自販機で買った水を飲みのみ公園内を周っているうちに、百合の木に出会いました。花は高い所で咲いていて、写真ではとても小さくてダメと思い止めました。チューリップの小型版のようなオレンジ色の花でした。で、説明書きを読むと、葉の形が「半纏」のようだ、と言う事で、この一枚になりました。言えますね!説明書きには、何故百合の木というか?は書いてなかったのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 22:43
日曜の朝、皇居と銀座を散歩(3)
数寄屋橋を通りソニービルの交差点からの晴海方面の午前九時前はこういう感じでした。電通通りも中央通も静かでゆったりした感じでした。この後、日本橋の交差点まで歩いて今日は打ち止め。途中で飲んだ「黒砂糖入りカフェラテ」は超美味でした。お薦めです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/13 15:17
日曜の朝、皇居や銀座を散歩(2)
二重橋では韓国からの旅行者のグループと出会い、日曜画家(?)が写生をしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 15:10
日曜の朝皇居や銀座を散歩(1)
日曜日の朝、一寸曇り空の中、大手町から和田蔵門、二重橋、日比谷公園、銀座、日本橋と歩いてみました。車が少なく、心無し空気を美味しく感じました。歩く人、走る人、自転車に乗る人、 それぞれが適当にまばらな感じです。八時過ぎに大手町を出てゆっくりお堀を眺めながら歩いて、数寄屋橋の交差点には08:45には着きました。 日比谷公園は日比谷花壇の脇を一寸通過した程度ですが、バラが色とりどり、緑の木木と良くマッチしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 15:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

豊かな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる